今週の産前産後ヨガ(4月2週目)&よく噛むこどものための食事

こんにちは、Sonokoです。花冷えから一転暖かな日差しが戻ってきましたね。今日は入園式や入学式へ向かう親子をたくさん見かけました。新しい生活にどきどきわくわくの子供たちに素敵な出会いがたくさんありますように☆今週はあごの発達、歯並びをよくするためのお話しです。歯医者さんに聞いたことや試してみたことを書きました。長くなりましたが読んでいただいたらうれしいです♪
image
春野菜がたっぷりの向島「イルチェロ」さんのランチプレート

〈噛むこと〉
噛むことは緊張を和らげたりストレスを緩和する働きがあります。朝食にしっかりと噛める食事を取り入れて脳の血流を良くして登園・登校すると気持ちに張りがでて良い一日を過ごせそうですね。

〈噛む食事~あごの発達〉
息子の歯科の定期健診で、歯に隙間はありますがもっと必要なのでしっかり噛むようにしてくださいと言われました。10歳ぐらいまではあごがどんどん発達するので上下にかむ力、左右にもかむ力をつけ、両方の歯を使ってバランスよく食べましょうとのことでした。我が家の食事は和食中心で、おやつはナッツ、おせんべいや昆布、リンゴなどが多いのですがこの先どう工夫しようかなと思って試行錯誤中です。
お米を30回以上も噛むのは大人でも難しいので、子供にはもっと難しいと思います。そこでお米の中に大きめのレンコンを混ぜたり固めのお豆を混ぜたりしてすぐに飲み込まない工夫をしています。効果はバッチリです♪

〈噛み疲れる夕飯!?〉
あごの発達には固いものを噛むというよりは、噛む回数が大事だそうです。
先日の夕飯は、「タケノコ、よもぎ、新玉ねぎの天ぷら・豆苗と三つ葉の卵焼き・五目ひじき・梅酢ごはん、のり、お味噌汁」でした。育ち盛りの息子は食欲旺盛でモリモリ食べていたのですが両頬を抑えて顔が痛ーい。虫歯!?と思ったら噛み疲れたようです。
タケノコを天ぷらにすると少し身が締まるので何度も噛まないと飲み込めません。卵焼きには繊維質のお野菜をたっぷりと入れることで噛むことにつながります。他のものも意識せずとも噛んで食べるものばかりだったのでお顔が疲れたようです。
食後のデザートは干しあんず。これもまた噛めば噛むほどおいしい味がするので小さいあんずを噛みしめて食べていました。

〈私のおすすめ〉
ドライフルーツ(イチジク・あんず)
ナッツ・豆類
おしゃぶり昆布
たくわん
繊維質のお野菜(切るときは繊維を長めに)
柔らかい食べ物にレンコンやタケノコを加える
包丁を入れる回数を減らし大きなものを噛んで食べる

噛んでねと言わなくても子供が噛む食事であごをしっかり発達させましょう。噛むには足が床についていることも大事です。

噛める食事のオススメがあったら教えてください(^^)

〈4月2週目産前産後ヨガスケジュール〉
11日(水)13:00~14:20 リラックスママ Chihiro
12日(木)12:10~13:30 ヨギックアーツママ Sonoko
13日(金)14:00~15:20 マタニティ Maaya

新生活で意識は外へと向かっていきますが、ヨガで呼吸をしながら意識を内に向けて安定していきましょう。お母さんが安定していると子供も安心してのびのびと過ごせるようです。
image
歯ごたえのしっかりした銀閣寺近くの「カカオマジック」さんのRAWチョコレート。砂糖不使用、非加熱